画像
画像
画像

ローヤルゼリーは医者いらず

ローヤルゼリーはとても豊富な栄養素が40種類以上も含まれていて、
人体の体内では作り出すこともできない成分もありますので、是非取り入れたい健康補助食品ですが、
いったいどれほどの効果があるのでしょうか?

その効果は多岐に渡り、若返り(アンチエイジング)効果や、美肌効果、神経伝達に必要な栄養素まであり、高血圧の抑制や生活習慣病の改善、糖尿病などの予防や、がん細胞を抑制するのではないかとも言われています。

有名な話では、20世紀中ごろのローマ法王の命を救ったとも記録されています。
ローマ法王が危篤状態に陥ったときにローヤルゼリーを処方したのが「医者」でした。

今では、ローヤルゼリーは薬ではなく「健康補助食品」なので、医者が処方するということは少し想像がつきにくいですが、
古代ローマ時代では「奇跡の霊薬」「不思議な薬」「魔法の液」などと呼ばれ、とても不思議なことを起こしていたそうです。
そのため、医師が処方するのは、珍しいことではなかったのかもしれませんね。

ローヤルゼリーにはローヤルゼリーにしかない成分も含まれているので、
これば唯一無二の存在ということでしょうね。

ローヤルゼリーにしかできないことも多々あると思われますが、
40種類ほどの栄養素が解明されており、まだまだ研究途中で発見していない成分を含むと、
含まれている成分は60種類以上になるのではないかとも言われています。

現代ではとても医療技術が発達しましたが、それでも処方までは薬ではないのでできませんが、
ローヤルゼリーを進めるお医者さんもいらっしゃいます。
それほど高い効果が期待されているのでしょうね。

ローヤルゼリーは女王蜂のみが食べられる物で、女王蜂はそれだけを一生食べて生活しています。
ローヤルゼリーのみですが、その栄養価が高いことから女王蜂の体の大きさは働き蜂の2〜3倍にもなると言われ、寿命も20〜30倍にもなるそうです。

そのため、「不老長寿の新薬現る?」とも騒がれたことがあり、
長生きができる薬はでありませんが、長寿の秘訣とも呼ばれる成分がたくさん含まれています。
その上、いろいろな病気や予防に対応していますのでお医者さんが進めるのもおかしくないかもしれませんね。

ローヤルゼリーはプロポリスと深い関係があります。
こちらのローヤルゼリーとプロポリスの関係や成分比較サイトもぜひ、ご覧になってみてください。